スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◇ 新ペットあれこれ 【壱】

2017年05月06日 01:00

既存のペットでのオススメなんかの紹介もしたいトコロですが
新しいもの好きなので、新ペットの紹介をやっていくぜ!

まずは…

Serpentine dragon 通称:中華龍
20170505.jpg
<ステータス>             <抵抗>
HP:480     STR:140      物:40 炎:35 冷:35 毒:35 雷:35
STM:150    DEX:200     ・攻撃属性 物:75% 毒:25%
MANA:1000   INT:1000     ・ベースダメージ: 5-12   
<初期能力>              ・コントロールスロット 3→5 (2段階強化可能)
・魔法
・Dragon Breath
<特徴>
何と言っても目立つのはステータスの高さ!
INT/DEXが特に高く、そこに割くポイントを節約できるのはデカイ!
初期状態で個体によっては魔法スキルが100を超えているものも居るので
後々の事を考えると、PSCの節約になるのでここは厳選したいところ。
一方で、抵抗が紙だったり、STRの低さとベースダメージの低さで近接攻撃は苦手気味。
マジック能力として「魔法」、特殊能力として「Dragon Breath」を習得済のため、
追加できるのは「範囲攻撃」+「SPM」だけとなる。
1回目の訓練で、抵抗とHPを増加させてブレスの威力を上げつつ
2回目の訓練終了後に能力の追加、スキルの調整をしておくのが良さそう。


Blood Fox
2017050502.jpg
<ステータス>             <抵抗>
HP:200     STR:315      物:65 炎:25 冷:55 毒:35 雷:30
STM:150    DEX:200     ・攻撃属性 物:100% 
MANA:200    INT:200     ・ベースダメージ: 16-22   
<初期能力>             ・コントロールスロット 2→3 (1段階強化可能)
・Bleed                 ・グループパワー 犬系
・Grasping claw
<特徴>
画像の通り、ちっちゃい狐。
DEXが最初から高い為、ここに関しては育成の手間要らず。
それ以外は特に有用な能力も持っておらず、
強化も1段階しか出来ない為、あまり使い道はなさそうな感じ。
グループパワーも持ってはいるが、自身のコントロールスロットも
2-3といった感じで、多頭連れも難しそう。
初期能力はSPMとして「Bleed」、特殊能力として「Grasping claw」を習得済
「範囲攻撃」は持っていない為、追加できるのはSPMをもう一種類だけ。
マジック能力の追加は「毒」のみとなっており、マスタリー系の能力も付けられない為
育成の自由度は低くなりそうな感じ。

Ossein Ram
2017050503.jpg
<ステータス>             <抵抗>
HP:260     STR:200      物:60 炎:15 冷:45 毒:35 雷:45
STM:62     DEX:62     ・攻撃属性 物:50% 冷:25% 雷:25%
MANA:114    INT:114     ・ベースダメージ: 18-23   
<初期能力>             ・コントロールスロット 2→5 (3段階強化可能)
・Battle Defense
・Paralyze
・Disarm

・Life leech
<特徴>
見た目イカツイ、でっかい山羊。騎乗不可。
テイム後、ステータス、スキル半減有。
その為、かなり弱そうですが、代わりに3段階の強化が可能となっています。
初期能力はマジック能力として「Battle Defense」、特殊能力として「Life leech」を習得済。
「SPM」2種が「Battle Defense」に付随している為、
この状態で追加出来るのは「範囲攻撃」のみとなります。

赤字で示す「Paralyze」「Disarm」は「Battle Defense」に付随する能力の為、
マジック能力を追加すると上書きされて消滅します。
好みのマジック能力で上書きすれば、「SPM」も1つ選べる為、
特にこだわりがなければ書き換えがオススメ。
Ossein Ramは、「霊媒」「霊話」のスキルを初期から持っている為、
ネクロ能力を1ポイントと言う低コストで追加可能なのが強み。
また、強化回数の多さから、どこかの段階のポイント全消費で「Necrmage」を習得して
ネクロと魔法の2能力を手に入れてしまうのも良さそう。

…という感じでとりあえず3種をご紹介。
この調子で他のもやって行きたいもんですね!

スポンサーサイト

◇ 調教師の新時代の到来や!

2017年05月05日 20:00

どうも、お久しぶりです!

しばらく、放置気味だったUOなんですが
テイマー関係の大幅なアップデートがあるとの事で久々に帰って参りました!

新ペットに育成という新要素の追加。
久々にワクワクする要素が目白押し!

導入前からTCで予習をするなど
結構気合いれていましたけど

意外とまだ情報は出揃ってはいなさそう。

そこで自分の為にも、ちょっとメモ代わりに
新たな要素について書いてみようかと思います。

<ペット訓練について>
・訓練達成度100%でペット強化が可能になる。
・強化1回につきコントロールスロット+1 (生物毎に上限有)
・強化1回につき1501ポイント与えられ、それを消費して各能力を強化する。
・強化上限に達してない場合は、ポイントを全て使い切る事で次の段階の訓練が可能になる。
・能力の追加は、魔法系能力1つと、SPM×2、特殊能力、範囲攻撃から3つまで追加可能
 ※ 追加する順番によって入らない場合も有
 ※ 重複する場合は書き換え
 ※ 能力の追加で得たスキルは、書き換えによって失うと成長しなくなる。
・抵抗値は1抵抗上限80、5抵抗で合計は365まで
・スキル上限UPには対応したPSCが必要。
・生物固有の特殊能力は能力の追加によって失われない。

今のところ、大事な事はこれぐらいだろうか?
能力の追加に関しては良く判らないので、ここだけはTCで試した方が良さそうですね。
次は、新ペットについてでも書いて見ますかね?


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。