スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◇ 懐かしUO物語 ~出会い~

2013年06月05日 22:00

ブリテインの冒険者から得た情報で
早速、墓場へやって来た
Eternal Hanter 

「ここが墓場か。よし、がんばるぞ!」

誰も聞いてはいないが
力強く意志を語る。

彼の冒険者としての生活は
真に、今ここから始まるのだ。

そんな、彼の独り言に反応したのか
入口付近に居たスケルトンが
ゆっくりと彼に向って動き始めた。

「あ、よわそうw」

ヤギや鹿を相手に負けを知らない
自慢の剣捌きを見せてやろうと
果敢に斬りかかる。

ところが…!

2013060501.jpg
「なんか、あたらない><」

動物相手に無敗を誇った自慢の剣術も
虚しく空を斬るばかり。
見る間に劣勢へと追い込まれていく。

その時!

2013060502.jpg 
「みちゃいられないな」
「だめだろこれw」
突如現れた謎の二人組

2013060503.jpg
押される彼の間に割り込むと、一瞬でスケルトンを斬り伏せた!
「こうやるんだよ^^」
「ありがとうございます!!」

思わぬ手助けにより
なんとか危機を脱する事ができて
ホッとする彼。
どうやら、初めての狩りで死ぬと言う
不名誉な事は回避できた様だ。

2013060504.jpg
「つよいですね」
「きみ、初心者?」
「みてらんねーわ」

絶体絶命のピンチの彼を救った謎の二人組。
彼らは、志を同じくする者達の集まり
「ギルド」と言う集団に属しているらしい。

ギルド名:「Guilty Of Dragons」
略称:「GOD」
飛鳥最強を自称する戦闘集団だ。


初めての狩り。
しかも、最初の相手に殺されかけると言う失態。

己の未熟さを痛感した彼はひとつの決意をする!

「あの」

2013060505.jpg

「私も強くなりたいです!!><」
「え」

突然の彼の申し出に
彼らはどんな答えを返すのか!?

~つづく~



ロケ地:ブリ墓場

と、言う感じで
昔よく見られたブリ墓場での光景を再現した感じです。

昔は初心者で賑っていたブリ墓場も今は淋しいもので
我々以外誰も居ませんでした。
とは言え、こんな芝居をしてるのを
見られたくはないので
誰もいなくて助かったってキモチもありますけどねw

※ この物語はフィクションです。実在の人物及び団体とは一切関係ありませんからね!
スポンサーサイト


コメント

  1. Omutsu | URL | -

    UOでもりにゃんならブリタニア紀行

    物語りが動き始めましたね、私はモリベルさんのステキな呪文詠唱の紹介を今か今かと待ちわびていますよ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://forestria.blog25.fc2.com/tb.php/145-2b32abc5
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。