スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◇ UO懐かし物語 ~不信~

2014年02月22日 21:00

オーク砦での戦いで防具を失ったEternal Hanterは、
Maribelの勧めで、ブリ北鍛冶で新たに装備を新調する事にした。

彼は、そこで出会った鍛冶屋風の男に
1000gpで新しい装備の作成を頼む事に。

その男は、装備の作成に加えて
傷んだ彼のチェインレッグまで修理してくれると言う。
2013070810.jpg
男に装備と金を渡したEternal Hanterは、
期待に胸を膨らませ、男の帰りを待っていたのだった。



2013070901.jpg
「よかったねー」
「はい、親切な人ですー」
先程までのやり取りを見ていた、他の鍛冶屋さんからも声を掛けられる。
1000gpで装備の作成と修理までしてくれるとは
本当に大サービスと言える、良い条件だったようだ。

しかし…

2013070902.jpg
「あれ、まだですかね」
5分経ち、10分経っても戻ってこない男に
さすがの彼も不安を感じ始めた。
「時間かかりますね」
生産と言うものをまだやった事がない彼でも
修理と作成でこんなに時間が掛かるのはおかしいと
気付いたようだ。

2013070903.jpg
「そういえば、あの人ここらじゃ見ない人だよね?」
「ね-」
どうも、彼がやり取りした男は、この辺りじゃ見掛けない人物らしい。
こう言うコミュニティの中での情報と言うのは、
結構確かなものであったりする。

2013070904.jpg
「騙された・・・とか?」
「ええー!そんなぁ」
ほんの少し前まで、希望に満ちていたはずなのに。
「騙された」 その言葉で彼の不安は確信へと変わった。

よくよく考えてみれば、炉も金床もここにあるのに
装備を持って消える必要性はないではないか。

「ちょっと銀行の方、見てきます!」

男の走り去った方向にあるのは、ブリテインの銀行。
そこにまだ、男が居る事に一縷の望みをかけて
通りを駆けるEternal Hanter。

彼の装備の行方は!?
そして、男は本当に詐欺師だったのか?

~つづく~


ロケ地:ブリテイン北鍛冶屋

と、言う訳で、
鍛冶屋での揉め事と言えば修理詐欺ですねw
普段、見掛けない名前の人とか
見掛ける名前だけど、いつもと格好が微妙に違うとか
カルマが何故かマイナスだとか
思いっきり初期キャラっぽいとか
ちょっとでも怪しい人が居ないか、修理を頼む時は
よく確認したモンです。

けど、修理を頼むルールやら
なんか盛り上がってるとこに、修理頼み難いとかってのもあって
結局自分で修理キャラ作ってしまったとかって
結構みんなあったりしませんでしたかね?

私はモロにそれでしたw

※ この物語はフィクションです。実在の人物及び団体とは一切関係ありませんよ!

スポンサーサイト


コメント

  1. Omutsu | URL | mQop/nM.

    Re:◇ UO懐かし物語 ~不信~

    タイトル通り懐かしい話ですね。
    修理ひとつにも色々なドラマがあったもんですよ、
    修理DEEDのある今はこんなイザコザ起きようがないんでしょうけどねえ。ちょっと残念です

  2. proton | URL | SFo5/nok

    Re:◇ UO懐かし物語 ~不信~

    確定じゃないけどもうすぐブリタニアにもどってくるかもしれません。このブログまだ生きてて安心したw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://forestria.blog25.fc2.com/tb.php/185-c7f5cee7
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。