スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◇ UO懐かし物語 ~絶望~

2014年04月13日 19:45

~前回までのあらすじ~

新たな装備を手に入れる為、腕利きの鍛冶屋を探して
ブリテイン北鍛冶屋に赴いたEternal Hanterは
そこで怪しげな風体の男に、装備の作成と修理を持ちかけられる。
2013070806.jpg
1000gpで装備の作成と、修理まで請け負ってくれると言う
破格の条件に、彼は喜んで代金と装備を渡すと
期待に胸を膨らませながら男の帰りを待っていた。

しかし、待てども一向に戻ってこない男に
徐々に増してゆく不信感。

「騙されたんじゃないか?」

その場に居合わせた鍛冶屋にそう言われた瞬間、
彼は男の消えた、ブリテイン銀行の方向へ駆け出していた。

そこにまだ、男が居る事に一縷の望みをかけて…!
2013071001.jpg
「あっ! みつけた!」
「!」
ブリテイン銀行前で男を発見したEternal Hanter。
彼から預かったはずのチェインレッグを装備しているところから見るに
修理するなんて気は、毛頭なさそうである。

2013071002.jpg
「パンツかえして!」
さすがの彼も、男が詐欺師だと気付いた様子。
装備を返せと詰め寄るが
「ど、どなたですか」
しらばっくれる男。
「さっき渡したパンツ返して!」
さらに追及するEternal Hanter。

どうでもいい事だが、彼にとってはあれはパンツ扱いらしい。

2013071003.jpg
「なんのことですかな さっぱりわかりませぬ」
だが、男は尚もシラをきり続ける。

2013071004.jpg
「裸で剣と盾だなんて ローマの剣闘士みたいだよぅ」
「お願いだから返して下さい!><」
情に訴える作戦に変えたのかもしれないが
「ローマの剣闘士」なんて言葉のチョイスは如何なものだろうか。

2013071005.jpg
「あまりひとを信用しないことですなw」
「!!」
「hehe」
そう言うと、男はリコールの魔法を詠唱し、何処かへと姿を消した。
「あっ・・・・」

2013071006.jpg
「どうしよう・・・・」
「もうお金なくなっちゃった・・・・」

お金も、そして装備も無くしてしまい
ローマの剣闘士スタイルでブリテイン銀行前に立ち尽くすEternal Hanter。

ギルドの入隊資金どころじゃなくなった彼の生活は
これからどうなってしまうのだろうか…?

~つづく~


ロケ地:ブリテイン銀行前

…と、言う訳で
男はやっぱり詐欺師でしたねw
人に渡してしまった物は、理由はどうあれ
返すも返さないもその人の気分次第になってしまいますから
大事なものは、余程信用がある人にしか渡さなかったですね。
まぁ、そもそもそんな大事なものも持ってませんでしたがw

さて、そんな今回のお話で活躍した
怪しい風体のこの男のご紹介です!

◇ 人物紹介
Agoness-chan (アゴネス・チャン)
2013071007.jpg
ブリテイン北鍛冶場で修理詐欺をしていた男。
詐欺以外にもいろいろな悪事を働いてるとのウワサ。
本人曰く「悪人のロールプレイ」をしているだけとの事で
悪びれる様子は一切ない。


※ この物語はフィクションです。実在の人物及び団体とは一切関係ありませんよ!
スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://forestria.blog25.fc2.com/tb.php/193-9f4588b7
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。